頂・・・行きます。

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤城山系 黒檜山

<<   作成日時 : 2012/12/02 20:44   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

関東にある100名山で未だ訪れた事のない山

赤城山

いつでも行けるからという事と

登山ルートにあまり魅力を感じなかった事もあり

足が遠のいていましたが

初冬のこの時期

初めて行ってみる事にしました

本日予報は快晴 山日和です

朝日に照らされ見えてまいりました

途中国道50号から
画像


お月様と赤城山 雪があるようです
画像


本日のスタート地点は大沼までは行かず

東側にある利平茶屋森林公園から

オイラの車一台しかありません
画像


画像


7:40トイレを済ませいざ出発

雪はありますがアイゼンを履くほどではありません

気温はマイナス3度 ツララが出来てます
画像


画像


ケーブル跡の長い階段 700段以上ありましたヒエ〜
画像


8:42鳥居峠にある竹久夢二展望台
画像


覚満淵はほぼ凍結、山の上部は樹氷でしょうか
画像


画像


ビジターセンター前を通り登山口へ向かいます、アイスバーンです

さすがに誰もおりません
画像


覚満淵に寄ってみます、スケートリンクみたい
画像


9:07 登山口 ここから約2時間登ります
画像


標高が上がると木々も白く変わってきます
画像


黒檜山の木々も真っ白です 期待します
画像


樹氷が綺麗です
画像


画像


9:54 駒ケ岳
画像


関東方面、富士山まで見渡せます
画像


画像


頂上まであと少し
画像


寒いけど綺麗
画像


途中にある黒檜大神にお参り、ここでも長男の合格祈願です 
画像


八ヶ岳や富士山 素晴らしい眺望
画像


画像


風がないため格好はフリースでOK 但し止まると寒い
画像


10:43 黒檜山頂
画像


頂上からの展望は良くないので

北側に5分ほど歩きビューポイントに移動します
画像


画像


北西から南西にかけての展望

谷川岳や苗場山、燧ケ岳から至仏山までが見渡せます
画像


画像


こちらは日光白根山
画像


来てよかったです
画像


このおっちゃんが色々説明してくれました
画像


近々谷川岳に行くそうです、お気をつけて

11:21食事を摂ったら下山開始です
画像


下山途中数名の外国の方が普通の格好で登山されてました

恐らく足は水が滲みて歩行困難になるのでは・・・

一応気をつけてと注意を促しました

12:12大沼到着
画像


時間があるので赤城神社に寄る事にしました
画像


ここでも合格祈願
画像


大沼は凍っておりません
画像


13:01鳥居峠まで戻ってきました この先には地獄の階段が
画像


気温が上がったので朝と景色が違いますね
画像


700段の階段は膝にきます

オイラの足跡だけです
画像


途中御神水の小屋で清めました
画像


赤城と言う地名の由来が書かれておりました

水を意味するのですね
画像


13:55駐車場着 やっぱオイラの車だけ
画像


この後忘年会が控えておりましたので温泉には寄らず帰路に着きました

感想
ずーっと訪れる事のなかった赤城山

冬になると赤城おろしの強風が吹き荒れ

寒々とした印象があり足が遠のいておりました

が、実際訪れてみると

美しい樹氷の中、風もなく青空の下

また、眺望も大変素晴らしく歴史ある地を

充分堪能することが出来ました

さあ次はどこの山へ行こうかな



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

こちらもどうぞ

  • エクステリア商品・カーポート・テラス・門扉・ウッドデッキ・物置の購入施工はここをクリック

    赤城山系 黒檜山 頂・・・行きます。/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる