頂・・・行きます。

アクセスカウンタ

zoom RSS 日光白根山へ

<<   作成日時 : 2011/10/02 23:04   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

最近短時間での山行が多く

なんとなく物足りない感じがしていた

ガッツリ歩けて景色が綺麗なとこは

色々考えた結果

奥日光辺りは紅葉が見頃になっている筈だ

前回は夏に訪れた事がある日光白根山へ行くことにした

とても楽しみである

ところが・・・

朝寝坊してしまいスタートが2時間遅れ

後の行程に響かなければ良いが

どんより雲の中、中禅寺湖通過。天気予報の曇りのち晴れを信じる
画像


今回は金精峠トンネルからスタート

途中の戦場ヶ原は紅葉が見頃だった

8:15 この時間当たり前だが駐車場は一杯である

砂利の所へ無理やり駐車し

8:26 準備後登山開始
画像


しょっぱなから急登である

金精山頂上まではルートが一部崩れていたり

ハシゴやロープを使う場所があるので注意しながら登る
画像


9:24 登り始めて1時間どうにか金精山山頂に到着
画像


ここまであまり景色を眺める余裕も無く

単独行なので休憩を取らずつい先を急いでしまう

10:05 樹林帯を抜け笹原に出た
画像


10:08 五色山到着 この日初めて登山者に会う
画像


休憩の間、白根山頂上の状況を聞いてみると、ガスが掛かり眺望ゼロという事だ

その上、気温がかなり低く風も強いらしい

五色山から見える五色沼
画像


10:36 前白根山到着 風が強く気温も低い
画像


ここでこんなに寒いのだから頂上はどうなんだろう????

10:43 そして頂上付近がガスで全然見えない所で選択を迫られます
画像


左は頂上、右は五色沼へ下ります

この道を行けばどうなるものか、行けばわかるさ。バカヤロー

って事で迷わず左へ

11:01 避難小屋通過
画像


ここから頂上まで一時間

多くの下山者とすれ違います

「とっても寒いので気をつけて」

「温度は0℃、風も強いのですぐ下山した」

などなど・・・

一応防寒対策は用意して来たけど心配です

行けば分かるさバカヤロー

樹林帯を抜け稜線に出ると、確かに寒い
画像


ガスで眺望はありません
画像


12:01 頂上付近の祠が見えてきました
画像


12:10 頂上 気温は0℃ 視界も0 写真を撮り下山します
画像


ところが・・・

下山しかけた時、いきなりガスが晴れ眺望が見渡せるように

手前が先程通った前白根山、右奥が中禅寺湖、隣が男体山、大真名子山に小真名子山、左が太郎山でしょうか
画像


山の天気は怖いけど素晴らしい感動も与えてくれます

下山して昼食と思ってましたが、この雄大な景色を見ながらの食事とします

眼下には弥陀ヶ池、菅沼が
画像


食事後は200mの急なガレ場を下山します

ここら辺で右膝に鈍痛が走るように

13:25 弥陀ヶ池通過
画像


13:46 五色沼まで下りて来ました。人もいなく寂しいです
画像


先程いた頂上付近も今はガスで見えません
画像


さあここから五色山まで登り返しです
画像


ここまで5時間の行程、右膝が悲鳴を上げてきましたが日没を恐れ急ぎます

この時間このルートを通っている人は誰もいません
画像


風の音と背中の熊鈴だけが寂しく響きます

景色は素晴らしいです。けど何かに飲み込まれそうで怖い瞬間があります

携帯を取り出しますが当然圏外です

でもかみさんに連絡をしたくて文を打ち込みます

こんな広い所にたった一人なんです
画像


贅沢な心細さですね

14:31 朝、おっちゃんと会話した五色山まで帰ってきました

ここから駐車場まではまだ2時間もあります

久しぶりの長時間歩行に右膝はすでに限界ですが

5時前に着かないと日没でそれこそ大変です

寝坊した2時間が悔やまれます

遠くに湯ノ湖と湯元温泉が見えます
画像


温泉入ってゆっくりして〜

14:50 国境平通過 
画像


ここから金精峠まで急坂下りです

こんな梯子が折れた所を右膝激痛に耐え必死で下ります
画像


だれがこんなルートを開通させたのでしょう

1時間、自分を励ましやっとのことで金精峠に到着

15:46 金精神社に無事を感謝し、少し休憩した後、最後の下りに入ります
画像


16:15 駐車場到着
画像


もう足はフラフラヨレヨレです

あんな所から良くこの足で下山出来たなと金精山を仰ぎ見ます
画像


無事に帰ることができ有難うございました


今回の山行は久しぶりの単独行であり、長時間の歩行ルートでした

寝坊というミスを犯した結果が時間に追われ、結果右膝激痛という

結果をもたらしてしまいました

特に最後の急坂下りは、踏ん張りが利かず大怪我をしてもおかしくない所でした。

只、頂上付近で急にガスが晴れ、素晴らしい眺望が見れた事

一足早い紅葉が見られた事はとても良かったです

さあ次回はいよいよ今年のクライマックス

南アルプス「北岳」に山小屋泊で行って参ります

標高3192m 富士山に次ぐ高さを誇ります

どんな山行になるかとても楽しみです




























































R.シュトラウス:アルプス交響曲
ユニバーサル ミュージック クラシック
シノーポリ(ジュゼッペ)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by R.シュトラウス:アルプス交響曲 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

R.シュトラウス/アルプス交響曲
日本クラウン
BBC交響楽団

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by R.シュトラウス/アルプス交響曲 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

R.シュトラウス:アルプス交響曲
ユニバーサル ミュージック クラシック
ベーム(カール)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by R.シュトラウス:アルプス交響曲 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
北岳を登るのならついでに、間ノ岳を登ったら良いようです。北岳山荘に泊まれれば、登れるでしょう。
間ノ岳は登ってみたい山です。
2山を登るのに2回の山行をしたので反省です。
坂戸
2011/10/05 16:03
コメント有難うございます。
北岳〜間ノ岳の稜線歩きは憧れています是非チャレンジしてみたいと思ってます。
只、台風の影響で大樺沢ルートが通行止め、二股〜八本歯コルが落石の危険があるとの事で心配しております
オレンジストック
2011/10/07 10:44

コメントする help

ニックネーム
本 文

こちらもどうぞ

  • エクステリア商品・カーポート・テラス・門扉・ウッドデッキ・物置の購入施工はここをクリック

    日光白根山へ 頂・・・行きます。/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる